GETTING STARTED
Introduction to SmartAssist
Glossary
SmartAssist Lifecycle Management
SmartAssist Setup Guide
Sign Up for SmartAssist
Release Notes
Current Version
Recent Updates
Previous Versions
Frequently Asked Questions (FAQ)

EXPERIENCE DESIGNERS
Flow Designer
Introduction
Create Experience Flows
Navigate the Flow Designer
Experience Flow Nodes
Introduction
Node Types
IVR Menu
IVR Digit Input
Conversational Input
Split
Check Agent Availability
Check Business Hours
Message Prompt
Run Automation
Agent Transfer
Connect to API
Go to Flow
Deflect to Chat
Script Task
Set Queue
End Flow
Waiting Experience
Conversation Automation
Testing Widget
Use Cases
Overview
Questions & Answers
Conversations

ADMINISTRATORS
Account Management
Switch Account
Invite Developers to an Account
Routing
Skills
Skill Groups
Queues
Hours of Operation
Default Flows
User Management
Users
Agent Groups
Agent Settings
Role Management
Agent Status
System Setup
Channels
Voice
Chat
Email
Agent Transfer
Surveys
Agent Forms
Dispositions
Language & Speech
Overview
Language Management
Voice Preferences
Hold Audio
Standard Responses
Handling Sensitive Data
Widgets
Utils
AgentAssist Settings
SearchAssist
Advanced Settings
Co-Browse Settings
Community WFM (Beta)
Automatic Conversation Summary (Beta)
Intelligent Agent Tools
Sensitive Data Masking
API Reference
API Setup
API List
Integrations
Genesys Voice Bot
Voice Automation - Integration with Amazon Connect
Voice Automation NiceCX (CX One) - SIP Integration
Talkdesk Voice Automation
Audit Report

AGENTS
Agent Console
Introduction
Conversation Tray
Incoming Interactions
Interacting with Customers
Additional Tools
My Dashboard

SUPERVISORS
Dashboard
Automation
Queues and Agents
Interactions
Intelligence
Monitor Queues, Agents, Interactions, and Service Levels
Manage Layout

BUSINESS USERS
Reports
Introduction
Reports List

不明なユースケース

これは、SmartAssist がユーザーの発話を 理解していない場合 (音声認識エンジンがユーザーの発話を理解していない場合)、または既知のユースケースと一致しない場合 (あるインテントに対してユースケースが設定されていない場合) の動作です。不明なユースケースを設定して、最大 2 回までユーザーにプロンプトを表示し、その後の動作を定義できます。ユーザーの発話が最終的に理解できない場合は、通話やチャットを終了するか、エージェントに転送するかを選択します。このメッセージは、電話およびチャット エクスペリエンスの両方で利用できます。

不明なユースケースを設定

不明なユースケースを設定するには、以下の手順に従います。

  1. 左側のペインで [デフォルト] をクリックします。
  2. [デフォルト] ページで、[電話エクスペリエンス] セクションの [不明なユースケース] カードをクリックします。
  3. [電話の不明なユースケース] ウィンドウには、2 つの [不明なインテント] が表示されます。 
  4. [編集] アイコンをクリックして編集します。2 回目の失敗後のレスポンスはデフォルトでは 無効になっており、追加する場合は同様に有効にします。
  5. [最後のレスポンス] を編集して以下を行います: 
    1. ユーザーに対して再生する最後のメッセージを追加します。 
    2. [その後] ドロップダウンリストからオプションを選択して、終了時の動作を定義します:
      1. 通話を終了  
      2. エージェントへの転送 — ここでは、ユーザーがより迅速なサービスを受けられるよう、[はい] と応答してチャット エージェントに切り替えるか、音声エージェントとの通話を続けるかのオプションをさらに指定できます。
  6. [保存] をクリックします。

不明なユースケース

これは、SmartAssist がユーザーの発話を 理解していない場合 (音声認識エンジンがユーザーの発話を理解していない場合)、または既知のユースケースと一致しない場合 (あるインテントに対してユースケースが設定されていない場合) の動作です。不明なユースケースを設定して、最大 2 回までユーザーにプロンプトを表示し、その後の動作を定義できます。ユーザーの発話が最終的に理解できない場合は、通話やチャットを終了するか、エージェントに転送するかを選択します。このメッセージは、電話およびチャット エクスペリエンスの両方で利用できます。

不明なユースケースを設定

不明なユースケースを設定するには、以下の手順に従います。

  1. 左側のペインで [デフォルト] をクリックします。
  2. [デフォルト] ページで、[電話エクスペリエンス] セクションの [不明なユースケース] カードをクリックします。
  3. [電話の不明なユースケース] ウィンドウには、2 つの [不明なインテント] が表示されます。 
  4. [編集] アイコンをクリックして編集します。2 回目の失敗後のレスポンスはデフォルトでは 無効になっており、追加する場合は同様に有効にします。
  5. [最後のレスポンス] を編集して以下を行います: 
    1. ユーザーに対して再生する最後のメッセージを追加します。 
    2. [その後] ドロップダウンリストからオプションを選択して、終了時の動作を定義します:
      1. 通話を終了  
      2. エージェントへの転送 — ここでは、ユーザーがより迅速なサービスを受けられるよう、[はい] と応答してチャット エージェントに切り替えるか、音声エージェントとの通話を続けるかのオプションをさらに指定できます。
  6. [保存] をクリックします。